次のステージへ
進む
瀬戸内Brass!!

 
 
広島県瀬戸内高等学校吹奏楽部は創部当時の輝かしい歴史があるにも関わらず、ずっと低迷してきました。
しかし、2001年に広島ウインドオーケストラのサクソフォーン奏者でもある谷川智宏が顧問に就任し、吹奏楽コンクール小編成部門で10年連続金賞(平成20年、21年には中国大会に出場)を受賞するなど着実に実力をつけてきました。そして部員も少しずつ増え・・・
2014年からコンクールの華!A部門に出場するようになりました。
今年は 2年連続ゴールド金賞を受賞することができました。
 
しかし、中国大会へ進むことはできませんでした。
来年は絶対中国大会へ進出したいと思います。 
 
とにかく多くの新入部員のみなさんを迎えて 仲間が増やしたい!
定期演奏会を笑っていただけるお客様で満席にしたい!!
いずれは全国大会へ!!!!
 
そして、一昨年から新たな挑戦「マーチング」を始めました。
マーチングコンテスト初挑戦ながら銀賞を獲得しました。
 
来年は県代表を狙っていきたいと思います。
 
私たちは「演奏を聴いていただくお客様に笑っていただく事」を最も大切にしています。
良い音、良い演奏、良い演出、そしておもてなしをする心づかい・・・。
そのすべてが揃ってこそ可能となる事だと思います。
それには細かい事にも手を抜かず日常生活のあらゆる面で努力ができなければ、
演奏に反映できません。
 
「神は細部にやどる」
 
これこそが私たちのモットーです。